ケールをトッピング。本格的なスムージーを海外スタバが販売

Pocket

ケールがトッピングできる「スムージー」は日本で未発売のメニュー

エスプレッソベースのデザート・ドリンクが特徴のスターバックスがエイプリルフールに発表した2015年春の新メニューは、ホイップクリームをのせたスイーツ的な要素はゼロ。

スターバックスのブランド「evolution fresh」が作る「コールドプレス製法(低温圧搾法)のジュース」と「ノンファット・グリークヨーグルト」をベースにした人工甘味料不使用の本格的なスムージーが登場しました。

staba
Starbucks Newsroom

The smoothies are made to order in three flavors including Sweet Greens, Strawberry and Mango Carrot, with the option to add fresh kale upon request.
Starbucks Newsroom

スムージーには好みで「ケール」や「プロテインパウダー」を追加できるそうです。

好みでトッピングできる「ケール」はスーパーフード

「ケール」は2014年あたりからアメリカで注目されはじめたスーパーフードの1つ。日本では「青汁」の原料としても有名な美容・健康効果が期待できる緑黄色野菜の王様です。

特に食物繊維・カロテン、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、クロロフィルなどの抗酸化作用や免疫調整機能向上、デトックス効果が期待できる成分を多く含んでいます。
参考:五訂 増補日本食品標準成分表

また他の食べ物より多く睡眠ホルモン(若返りホルモン)といわれる「メラトニン」を含み、さらに眼を保護する「ルテイン」も含むことから「現代社会のライフスタイル」に必要なスーパーフードになっています。

トランス酸脂肪酸(※)の利用規制をするアメリカ

2006年頃よりアメリカは「トランス脂肪酸の規制」を始めており、近年「原則禁止」の規制案を提示しました。
食品ラベルに「トランス脂肪酸」の表示がなくても、ホイップクリーム、生クリーム、マーガリン類、ショートニング、ラクトアイス、カスタードクリーム、チョコレート類などは同様に摂取量を気にしておきたいところです。
参考:農林水産省「食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量」
※トランス脂肪酸=植物油に水素を添加し固体化・粉末化したもの。油脂加工で生じたもので自然には存在しない油脂。

「ホイップクリーム」と「チョコレートソース」をたっぷりとのせたドリンクよりは、スムージーは時流にのったメニューかもしれません。

ジュースクレンズ人気で日本でも発売される?

スターバックスは自らのブランド「evolution fresh」の実店舗を2012年に作り、コールドプレス製法のジュースやナチュラフフードを取り扱ってきました。残念ながらこの「evolution fresh」を使った新メニューはアメリカでも北米太平洋側の一部の店舗とセレクトショップのみの販売になります。

evolutionfresh
evolution fresh

コールドプレス製法のジュースを食事に置き換える「ジュースクレンズ」はデトックス効果があるとして最近注目を集めていますので、
日本のスターバックスでもスムージー メニューが登場する日が近いかもしれません。

オーガニックのケールパウダーなら、日々の食事に安心して使えますね。

  • 1,852円(税込)

    <お試し無料サンプルあり>有機JAS認定 青汁ケール(100g/約50日分)

    item by 楽天市場店

  • 3,715円(税込)

    有機JAS認証取得 オーガニックケールパウダー 日本国産 500g

    item by 楽天市場店

Pocket

This entry was posted in FOOD(エシカルフード) and tagged , , , . Bookmark the permalink.