ダイエット?アンチエイジング?効果を出すココナッツオイルの摂取方法ー脂肪酸のことを知っておこう

Pocket

ココナッツオイルの効果を出すために知っておきたいこと

痩せるオイル、アンチエイジング、動脈硬化を抑える、など まるで魔法薬のような扱いになっていますが
ココナッツオイルはいつもの食生活にプラスするサプリや薬的なものではなく、いつも使用しているオイルから「置換える」ことで効果を発揮するオイル
まず、普段の食生活で使っている(飲んでいる)オイルがどのような性質かまず確認しましょう。

「オイル効果」早見表で確認

「オメガ3」「オメガ6」「オメガ6」ってどのオイル多く含まれているの? 熱に強いのは?酸化しにくいオイルは?・・・など迷ったら確認してください。

早見表には詳細は書き込めないので、大まかにオイルをグループ分けしています。
※各オイルがどれか1つだけの脂肪酸を含有していることはなく、どれも少しずつ含まれています。

例えば「亜麻仁油」は、縦軸と横軸をみて、「長鎖オメガ3系脂肪酸」ということが分かります。

oil

脂肪酸
  飽和脂肪酸主に動物性脂肪、熱帯植物の油脂過剰摂取で、血液ドロドロや肥満の原因に。動脈血栓のリスクなど。 不飽和脂肪酸主に植物油、魚油など
1価脂肪酸 多価脂肪酸
オメガ9系脂肪酸体内で作り出すことができる オメガ6系脂肪酸《必須脂肪酸》
体内で作り出すことができない
オメガ3系脂肪酸《必須脂肪酸》
体内で作り出すことができない
長鎖脂肪酸 中性脂肪やコレステロール値増加をさせやすい パルミチン酸
ステアリン酸過剰摂取で、血液ドロドロや肥満の原因に。動脈血栓のリスクなど。牛や豚の脂身、バター、ラードなど
オレイン酸動脈硬化をおさえ、悪玉コレステロール値を下げる、腸を滑らかにして便秘の予防や解消オリーブオイル(EVOO)、なたね油、ごま油 リノール酸必須脂肪酸で血中コレステロールを下げ、老化防止などの働き。
γリノレン酸PMSや更年期障害の緩和
アラキドン酸乳児の脳や体の発達に必要な成分。免疫機能調整、学習力・記憶力向上オメガ6は過剰摂取や酸化すると炎症促進物質に。肌荒れ、アトピー、アレルギーの原因に。
紅花油、コーン油、ひまわり油、グレープシードオイル、大豆油、胡麻油、ペンプオイル、月見草オイル
αリノレン酸蓄積脂肪になりにくい。高血圧、コレステロール値など生活習慣病の改善、脳の活性化、美肌、免疫力アップ、アンチエイジング。
エイコサペンタエン酸(EPA)
ドコサヘキサエン酸(DHA)中性脂肪やコレステロールを減らす。過剰に摂りすぎると血が止まりにくくなるという弊害。ビタミンEと同時摂取◎αリノレン酸の過剰摂取で男性は前立腺がんリスク荏胡麻油、亜麻仁油(フラックスオイル)、グリーンナッツオイル
中鎖脂肪酸中性脂肪になりにくい。記憶力低下を抑制。
脂肪酸の中で最も脂肪になりにくく、体内に余分なエネルギーをため込まない
カプリル酸抗菌活性、抗ウイルス作用、抗酸化作用など
ラウリン酸免疫力アップ、抗菌活性、抗ウイルス作用、抗酸化作用などヴァージンココナッツオイル、乳製品、グラスフェッドバター/ギー(※)など
短鎖脂肪酸 酪酸

←←常温で固形
加熱に強く、酸化しにくい
(揚げ物・炒め物、お菓子作り)

常温で液体→→
加熱に弱く、酸化しやすい
(ドレッシングなど加熱なしで)


※ギーとは、無塩バターを精製して作るアーユルヴェーダですすめられている優れたオイル。長寿を促し、顔色を良くし、知力、記憶力、消化力、視力を増大させると言われています

「トランス酸脂肪酸」は上記表には属しません。
トランス酸脂肪酸は、液体の不飽和脂肪酸(植物油)に水素を付加し、飽和脂肪酸のように固形化する時に発生する「副産物」です。ショートニング、マーガリン、コーヒークリーム、ファーストフード、カップ麺、菓子パン などにこの副産物が含まれます。過剰摂取で、心筋梗塞、動脈硬化、女性の不妊症などの原因になります。

ココナッツオイルの効果を充分に発揮するには、「オメガ6」「トランス酸脂肪酸」の摂取量を減らすこと

ココナッツオイルの効果を発揮するには、普段の食生活で過剰摂取と言われている「オメガ6」「トランス酸脂肪酸」の摂取量を減らすことです。
理想の摂取比率は「オメガ6:オメガ3」が「2:1」~「4:1」。
現代人は「20:1」とも言われていますので「オイル置き換え」をして理想値に近づける必要があります。

原料だけでなく製法や鮮度も大切

各オイル、抽出・製法の仕方で正反対の性質をもつこともあります。科学的に脱臭や脱色をするなど、安価のココナッツオイルはその過程で水素を使用しラードなどと同じ「長鎖脂肪酸」になっていることもあります。
各オイル、自然の形に近い「低温圧搾」「無精製」「有機(オーガニック)」「ヴァージンオイル」の表記があるもの選びましょう。

ココナッツオイルだけでなくグラスフェッドギーもおすすめ

ココナッツオイルと同じ効果が期待できる「中鎖脂肪酸」である、グラスフェッドギー(草だけを食べて育てた牛のバター)も、コーヒーに加える、バターコーヒーとしてダイエット効果が注目されています。ギーとは、無塩バターを精製して作るアーユルヴェーダですすめられている優れたオイル。知力、記憶力、消化力、視力をよくする言われています。

▼米国農務省認定「USDAオーガニック認証」を取得したグラスフェッドギー

「トランス酸脂肪酸」の摂取を減らし、「オメガ6」の置き換えに「中鎖脂肪酸」のココナッツオイルやグラスフェッドギー、「オメガ9」のオリーブオイルを積極的に使っていくことで、オイル本来の効果、健康や美容効果が期待できます。

今回は少々難しい内容になりましたが、スーパーオイルであるココナッツオイルのダイエット効果や美容効果を実感するには
日々の食生活で使用するマーガリンや植物油の「オイル置換え」からスタートさせてみましょう。

Pocket

This entry was posted in FOOD(エシカルフード) and tagged , , , , . Bookmark the permalink.