オーガニックコットン繊維製品を認証するGOTS(Global Organic Textile Standard)認証とは?

Pocket

綿花栽培には多くの農薬・肥料が必要

gots

綿花栽培は多くの農薬や化学薬品の使用による環境負荷や健康被害が懸念されていました。
そこで自然環境の保全、現地の労働環境・健康問題の改善などの観点から認証システムが導入されました。

オーガニック繊維製品世界基準
GOTS(Global Organic Textile Standard)認証とは?

日本におけるオーガニックコットン繊維製品の認証は、JOCA(日本オーガニックコットン協会)で行われていましたが2011年9月末にJOCA認証が終了し、現在では世界共通基準の「GOTS(Global Organic Textile Standard)認証」が推進されています。

原料の収穫から環境に優しく社会的に責任のある製造を経て、消費者に信頼できる保証を与えるラベリングに到るまで、「繊維製品が正しくオーガニックである」という状況を確保する世界的なルールを定めるために開発されました。
JOCA(日本オーガニック・コットン協会)

GOTSの認証基準

主にオーガニックコットンの認証は「栽培過程」「製造工程」の2つ分かれ、GOTS認証は(2)を認証するものです。

(1)綿花栽培段階(綿花生産)の認証
(2)商品製造段階(製品の加工・製造)の認証

全製造工程を通じ「トレーサビリティー」と「有機原綿の含有率」「GMO原料の不使用」などが明確化され、化学薬品の使用による環境的負荷・人体影響を最小限に抑えたもの。さらに労働の安全や社会的規範を守り製造した製品に対してのみ「GOTS認証」が与えられます。

規定の主なもの
・分離と識別、汚染と混合の防止。
・使用する染料や助剤などの化学物質や配合剤は、毒性・生分解性などGOTS基本要件を満たすもの。
・毒性のある重金属・ホルムアルデヒド・芳香族溶剤・遺伝子組換え技術を使用した生物や酵素などは使用禁止。
・合成糊と油剤の使用を制限。
・漂白は酸素系のみ、塩素系の漂白は禁止。
・発がん性のあるアゾ染料は禁止。
・芳香族有機溶剤を使う抜染、フタレートやPVCを使うプラスティゾールプリントは禁止。
・アクセサリー・付属物は天然素材や環境に負荷のない素材、リサイクルされた素材など。毒性のあるもの、絶滅危惧種由来のものは使用禁止。
・破棄物や廃水などの環境方針を持っている。
・パッケージにはPVCを含まないこと。
・洗濯堅牢度などの技術的要件をクリアすること。
・原料、中間製品、最終製品、付属物の残留物の限界値をクリアしている。
・労働条件や労働環境の整備、児童労働の禁止、労働者の権利が守られる、など社会的規範の最低要件を満たしている。
JOCA(日本オーガニック・コットン協会)

GOTS認証を取得した
オーガニックコットン繊維製品を扱うブランドは?

大人用だけでなくベビーから子供用にいたるまで、オーガニックコットンにこだわり製品を作っているブランドです。
オーガニックコットン繊維製品を選ぶ時は、GOTS認証マークをさがしてみましょう。
認証マークのついた製品を買い求めることで、サスティナブル(持続可能)な社会作りに貢献することができます。

※GOTSを認証する機関は世界13社、日本ではCUC japan(Control Union Certifications JapanとEcocert-QAI Japanの2社になります。

  • 11,880円(税込)

    People Tree(ピープル・ツリー)

    item by People Tree楽天市場店

  • 2,950円(税込)

    People Tree(ピープル・ツリー)

    item by People Tree楽天市場店

Pocket

This entry was posted in KEYWORD(エシカルキーワード) and tagged , , , . Bookmark the permalink.