「自称オーガニック」を区別するために。食品につく「有機JASマーク」を知っておこう。

Pocket

「自称オーガニック」を区別するための「有機JASマーク」

jas

無農薬、低農薬、減農薬、有機、オーガニック…店頭の食品パッケージに書かれた表記。
JAS法、JAS規格制度の「有機JASマーク」がつくられるまで、オーガニック基準を満たした製品と「自称オーガニック」を区別するための「統一基準」がありませんでした。

2001年4月の「改正JAS法」により日本国内で販売する農産物・農産物加工食品に「有機」「オーガニック」と表記するには「有機JASマーク」を取得することが義務つけられました。

JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)とは

この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」からなっています。
引用元:農林水産省:JAS法とは

JAS法 農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律
JAS規格制度<任意規格>JAS規格に適合する食品にJASマークをつけることができる制度 有機JASマーク
jas
農薬や化学肥料に頼らず栽培された農産物など、食品・飼料につく有機農産物、有機加工食品、有機畜産物、有機飼料
JASマーク 色、香りといった原材料、成分等、品質について。食品・林産物などつく。
特定JASマーク 一定期間以上の熟成(ハム)など、特別な生産方法、 特色のある原材料の食品につく
生産情報公表JASマーク 生産情報が公表されている牛肉、豚肉、農産物、養殖魚などにつく
定温管理流通JASマーク 流通方法に特色がある、通常の流通方法に比べ価値が高まると認められる食品につく
品質表示基準制度<強制規格>原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける 原材料、原産地、精米内容表示、遺伝子組み換え農産物を使用した加工食品への表示義務

※JASマークの下に認証機関(認証機関/センター)の名前が入っていないものはNG。
※食品表示に関する法律にはJAS法の他に、「食品衛生法」「景品表示法」があります。

有機JAS認定を得るためには
農産物・農産物加工食品の生産に関わる環境すべてを厳密管理

「有機JASマーク」を取得するには厳しいルールがあります。
ほ場(作物を栽培する田畑)だけでなく、作業場、農機具置場、資材置場、製造工程(選別、洗浄、包装など)、流通方法、商品の保管・管理、責任者の制定にいたるまで詳細に設定され、有機農産物以外の農産物が混入しないように徹底管理されています。

「無農薬」「低農薬」「減農薬」という表示もNGに

「無農薬」「減農薬」「低農薬」といった名称の農産物が、2004年から「特別栽培農産物」に統一されました。
地域の慣行レベルによって「削減の比較の対象となる基準」「削減割合」にバラつきがあり不明確な部分が多かった為です。ですので店頭での表記は「ほうれん草(無農薬)」は「ほうれん草(特別栽培農産物)」となります。

オーガニック食品、輸出入品の表記はどうなるのか

今までは、海外の有機(オーガニック)食品を日本で販売する場合も、有機JAS認定を受けなければ、「有機」「オーガニック」と表示はできませんでした。2014年4月より「有機JAS制度に基づく有機食品の輸出入方法等の変更」があり、「同等性」のある国に関しては有機JAS認定を取得しなくても、「有機」「オーガニック」と表記できるようになりました。

オーガニック基準は国ごとに異なり、日本の「有機JAS」、米国は農務省全米オーガニックプログラム「USDA(米農務省)オーガニック」、
EUは加盟国共通のオーガニック認証システムや、国・地域ごとの規格があります。
いずれの基準でも、認証を得ていない製品に「有機」や「オーガニック」と表示して販売することを禁止しています。
<中略>
自国と他国のオーガニック認証システムを同等とみなし、生産・加工した国で認証を取得し、輸入時に証明書を添付すれば、
輸出先の国での認証を取得せずに「オーガニック(有機)」と表示し販売してよいとする仕組みがあります。これをオーガニックの「同等性」といいます。
<中略>
現時点で日本が「同等性」のある国として認めているのは、EU加盟国、オーストラリア、米国、カナダ、アルゼンチン、ニュージーランド、スイスです。

引用:オーガニックの黒船襲来?有機JAS規格の抜け穴を狙うアメリカ

「有機JASマーク」のついた商品を買うことで、サスティナブル(持続可能)な社会に貢献

「有機JASマーク」は「オーガニック基準満たした製品」と「自称オーガニック」を迷いなく見極めるのと同時に、このマークのついた商品を買うことで、自然環境を保全しながら食品提供をおこなう、サスティナブル(持続可能)な社会作りに貢献することができます。

食品表示が気になる方は農林水産省が作成した「食品の品質表示とJAS規格について」がおすすめです。

参考書籍・サイト
農林水産省(特別栽培農産物関係)
有機食品とは:はじめての人のための有機JAS規格:PDF付
オーガニックの黒船襲来?有機JAS規格の抜け穴を狙うアメリカ
JETRO:2013年版のため2014年改訂版の表記なし

書籍
サスティナブルシティ ニューヨーク 持続可能な社会へ

Pocket

This entry was posted in KEYWORD(エシカルキーワード) and tagged , , , , . Bookmark the permalink.