小さなカエルの認証マーク「レインフォレスト・アライアンス(Rainforest Alliance)」

Pocket

8600324

rainforestalliance

自然環境と人に配慮する
レインフォレスト・アライアンス
(Rainforest Alliance)

熱帯雨林の違法伐採、過剰な商業伐採などによる環境破壊が、生物や気候に影響を及ぼしている状況を受け、ニューヨークで設立された国際的なNGO団体「レインフォレストアライアンス(Rainforest Alliance)」により生態系の保護、木材生産、農地拡大、牧場経営などに関して認証制度が採用されました。
レインフォレスト・アライアンスは、主に「環境・生態系の保全」と「労働者の権利・安全の確保」の2つを軸にしています。

環境・生態系の保全

森林伐採や劣化を防止し、森林の保護区の面積を拡大しつつ、生活に欠かせない商品の生産を支援しています。また、限定された範囲内のみ農薬の使用などの土壌保全や、遺伝子組み換え作物利用の禁止など、農園開発・経営に関連する広範な環境配慮を求めています。

労働者の権利・安全の確保

特に地域社会との関係や、労働者の権利・安全の確保について詳細な基準が定められています。労働者の公正な処遇と良好な労働環境、地域コミュニティに対する尊重義務など社会面における合法性の確保を要件としています。

小さなカエルが証明する、
サステナブル・アグリカルチャーの可能性

レンフォレスト・アライアンスの定める厳しい基準に従い運営している「事業者」と、その認証マークを見て商品やサービスを選ぶ「消費者」を結びつける この小さなカエルの認証マークは、生態系の保護、農場の質の向上、品質の向上などをまもった事業運営がサステナブル(持続可能)であることを証明しています。

認証された商品を購入することで、サステイナブル(持続可能)な農業を支援しすることになる
レインフォレスト・アライアンス。お買い物の際は小さなカエルを探してみてください。

こぼれ話 – なぜカエルが認証マークのシンボルなの?
カエルはミツバチ同様、環境変化のバロメーター。環境が悪化した際に最初に姿を消す生物だと言われています。
その生息が環境保護の基準になるため、レインフォレスト・アライアンスはカエルを象徴に選んだと言われています。

参考書籍・サイト
レインフォレスト・アライアンスはFacebookでも情報を発信しているので最新の動向はそちらを確認してください。
[公式/日本語]レインフォレスト・アライアンス認証
http://www.env.go.jp/nature/shinrin/fpp/certification/index3-3.html
[公式Facebook/日本語]https://ja-jp.facebook.com/rainforestalliancejapan

Pocket

This entry was posted in KEYWORD(エシカルキーワード) and tagged , , , , . Bookmark the permalink.