季節の変わり目、デリケート肌と花粉の意外な関係

Pocket

春のデリケートな肌は花粉でますます敏感に

日本の春独特の気温変化「三寒四温」。 この季節になると、気温や湿度のアップダウンはもちろん
環境の変化で肌がついていきにくく、肌荒れかな?と感じる方も多いかとおもいます。

これらに加え、昨年比 10倍以上という花粉。 実は、この花粉がデリケート肌に追いうちをかけるのです。

花粉の季節におこりやすい
「春の不調肌」は2パターン

肌がヒリつき、赤くなったり かゆくなる
気温・湿度の変化が大きく皮膚で最も外側の層、角質層(角層)が
ダメージを受けやすいのが、3〜4月。
この季節にちょっとした刺激で、ヒリヒリしたり、かゆくなる方は
花粉の影響でさらに、不調になることも。
皮膚表面を守る層がダメージを受けていると、花粉やほこりが
肌の奥に侵入し炎症を引き起こしやすくなるからです。

この時に、洗顔時・化粧水をつけるコットンなどで、
肌をゴシゴシこするのはNG。乾燥し炎症しやすい肌に近づいてしまいます。

もともとアトピー性皮膚炎の方の場合
もともとアトピー性皮膚炎の方の場合、
スギ花粉が皮膚炎を悪化させることがあります。
先述の季節的な角質層のダメージの影響で、
さらに不調、または症状が悪化しやすくなります。

この状態は「スギ花粉皮膚炎」と言われ、
眼の周囲やほほ・首にカユミを伴う湿疹がでることもあります。
症状がひどい場合は、市販薬等ですませず、皮膚科へ行きましょう。

[参照元] 
 >>神奈川県皮膚科医会HP「皮膚病の話」

花粉による、春の肌荒れ対策におすすめの
エシカルなスキンケアコスメは?

デリケート肌に効果がある成分を意識して
・カレンデュラ(マリーゴールド)・・「殺菌」「消炎」/ ・プロポリス・・・「保湿」 /・カモミール・・・「鎮静効果」

ナチュラルコスメ代表
[メイク落とし]
Neal’s Yard Remedies
「ニールズヤード レメディーズ」のアイメイクアップリムーバー
100ml

詳細をみる>>
(外部リンク)
[洗顔]
MARKS&WEB
「マークスアンドウェブ」のハンドメイドボタニカルソープ 黒砂糖/ハチミツ
40g

詳細をみる>>
(外部リンク)
[化粧水]
Jurlique
「ジュリーク」のカモマイルミスト スージング
30ml

詳細をみる>>
(外部リンク)
オーガニックコスメ代表
[クリーム]
WELEDA
「ヴェレダ」カレンデュラ オイントメント
25g

詳細をみる>>
(外部リンク)
[保湿バーム]
APODEA
「アポディア」プロポリスバーム
30ml

詳細をみる>>
(外部リンク)
[マスク]
John masters organics 
「ジョンマスターオーガニック」のカレンデュラハイドレーティング&トーニングマスク
57g

詳細をみる>>
(外部リンク)
[ オーガニックコスメについて ]
オーガニックだから肌に優しい。というわけではありません。ダイレクトに自然の力をコスメに凝縮しているので人それぞれ反応が異なります。記載されている成分表をみてご使用ください。
Pocket

This entry was posted in LIFESTYLE(エシカルライフ) and tagged , , , . Bookmark the permalink.