GOTS認証を取得しているオーガニックコットン・ブランド一覧

Pocket

本物を見分ける時に役立つ「GOTS認証」

見た目だけで「これはオーガニックコットンのシャツ」と見分けるのは難しいと思います。そんな時に参考になるのが国際基準である第三機関の認証です。そのうちの一つであるGOTS認証(Global Organic Textile Standard/オーガニック・テキスタイル世界基準)は「オーガニックコットン製品」であることを証明する認証制度です。

gotsImage

商品説明などに「GOTS認証取得」と記載してある、またはタグに認証マークがあれば「オーガニックコットン製品」ということになります。(以前の記事で「⇒GOTS認証」について書いてますので詳しく知りたい方はそちらを一読してみてください)

普通のコットンとどう違うの?

一番大きな点は「農薬」の使用量です。世界で使われている農薬の約10~20%が綿花畑で使われていると言われています。耕作面積に対して農薬の使用量が多いのです。栽培地によっては1kgの綿(コットン)に約5kgの農薬が使われているという報告も残っているほどです。

◎一般的に綿花(コットン)栽培に使われている農薬

殺虫剤 綿花を傷つける虫を殺す
枯葉剤 効率よく収穫するため。綿花に葉がまざると品質が落ち価格が下がるため。
防虫剤 種が虫に食べられないようにする
防菌剤 土壌中のカビや最近をなくす
化学堆肥 窒素、燐酸カリウムなど
成長促進剤・抑制剤 成長のコントロールするため

オーガニックコットンでは、化学肥料の代わりに有機肥料を使うとか、殺虫剤の代わりに天敵昆虫のてんとう虫、くもなどを放して綿花を守ります。

◎染色加工時

化学染料 色をあざやかにキレイにつける
定着剤 色落ちを防ぐ、色持ちをよくする。
防縮剤 縮むのを防ぐ

農薬の長期大量使用は、人の身体には呼吸器系疾患や皮膚などの疾患およびガンの発症の可能性などにつながり、環境的には「土壌汚染」による生態系変化。そして経済的な視点では農家の「農薬代による農家運営の逼迫」などがあります。

オーガニックコットン認証を受けている工場などでは、そこで働く人たちの健康や労働環境を守ることなどが基準の中に記されています。

使う人に「心地よさ」を与えるオーガニックコットン

オーガニックコットンは使い込んでゆくにつれて味わいがでるのが魅力です。ふわふわとした柔らかな肌触りになります。

ある研究では衣服や寝具など直接肌に接触するものを心地よいものにしておくと、人と人が触れ合った時と同じようにオキシトシンというホルモンが分泌され、脳の疲れを癒し安心感を与えるといいます。

有田秀穂(東邦大学医学部教授)氏によると、オキシトシンは気持ちを安定させ、心地よい幸福感を感じることができるそうです。日常生活がデジタル化され、人と人とのふれあいが減った現代に不足しがちなホルモンだとも言及しています。

GOTS認証を取得しているブランド一覧

◎衣服・日用品

◎下着・ランジェリー・部屋着

これに限らずこだわりをもったオーガニックコットン製品を作るメーカーやブランドは存在しますが、まずは消費者に分かりやすく「GOTS認証」を取得していることが公表されているブランドを紹介しました。

こちらの記事もおすすめです

DG152_L

オーガニックコットンを見極める
「GOTS認証マーク(グローバルオーガニックテキスタイル)
本物のオーガニックコットン製品を選ぶために知っておこう。

Pocket

This entry was posted in LIFESTYLE(エシカルライフ) and tagged , . Bookmark the permalink.